東京都大田区の「林鍼灸治療室」 HOME > ソフトカイロ・鍼灸

ソフトカイロ・鍼灸についてはこちらをご覧ください。

林鍼灸治療院ではこんな治療をしています。

カイロプラクティック(MTS 脳・脊髄神経機能調整)
MTSとはuscle(筋肉)・Testing(検査)・ocius(仲間・ラテン語)の頭文字をとったものです。 手術や薬などに頼らず、科学的かつ自然な方法で体を治し体の持つ自然治癒力を高めていく治療です。 筋肉の力、関節の動き、手足の長短を調べ体の働きを確かめます。もし、体のどこかが正しく働いてないと判定されたら、その原因となった部分を見つけ出し、そこを調整することによって体の機能 を正常に回復させます。 痛みのないソフトな治療ですので、どなたでも安心して受けられます。

カイロプラクティックについて

カイロプラクティックは1895年に米国で始められた療法で、日本へは1916年に伝えられました。
腰痛、首や肩のこり、頭痛、自律神経失調症などの日常の中でおこりやすい症状への治療を特に得意としていて、薬の投与や痛みを伴うことの無いソフトな治療が特徴です。そのため、子供、お年寄り、妊娠中の人でも安心して受けられます。
体のゆがみを発見してそれを矯正していくことで人間本来の自然治癒力を高めることが目的となるため、健康的な身体を作っていくきっかけにもなります。

鍼灸について

鍼灸はおよそ三千年前に中国で始まったといわれています。日本では江戸時代までは、日本の中心的な医学でした。明治時代に、近代西洋医学が主流となり、鍼灸は民間療法として伝えられるに留まりました。しかし、近年になり現代医学の観点からも鍼灸の効果が認められ、WHOが治療法として効果があると認定し、実際に中国や日本だけでなく世界中で治療に用いられてます。アレルギーや成人病、更年期障害、ストレスの治療、ホルモンのコントロール、免疫力の向上など、体の内側から人の持つ本来の強さを引き出す形で正常化を促し、副作用のない自然な治療が特徴です。 鍼は髪の毛ぐらいの細さで、痛くありません。鍼は全て使い捨てなので、感染などの心配はありません。

適応症は?

整形外科的症状をはじめ、内科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科的症状などは適応といって良いでしょう。 但し完全に脱臼している関節、骨折、外科的手術が必要とされるものは無理です。

鍼灸はどうしてそんなに守備範囲が広いのか?

分かりやすくいうと、病気の素(体の歪み、腫脹など)を薬や手術で取り去るのでなく、体が本来持っている『病気と闘う力』をパワーアップしてあげるということなのです。 ですから、いろいろな症状にも適応できるのです。

適応症一覧

女性更年期障害、婦人科疾患(月経異常、生理痛)
痛み頭痛、首痛、肩こり、五十肩、肘痛、膝痛、腰痛(ぎっくり腰、椎間板ヘルニアの痛み)顎関節症、ムチ打ち
自律神経系自律神経失調症、不眠、ストレスによる様々な症状
アレルギーアトピー、喘息、鼻(花粉症、蓄膿症)、原因不明の微熱
事故交通事故や転落事故、スポーツの怪我やそれらの後遺症
※国家資格所持なので損害保険がお使いになれます。ご相談ください
内臓系便秘、冷え性、めまい、吐き気、高血圧、低血圧、疲れ目、胃痛、内臓の機能低下
その他その他の不定愁訴、手足のシビレ、OA障害、抵抗力が弱く風邪を引きやすい等

禁忌症 不適応症

悪性腫瘍、伝染病

MTSと鍼灸を組み合わせて治療しています。 ただし、MTS単独の治療、鍼灸単独の治療も可能です。 気軽にお申し出下さい。